紫外線防止

紫外線対策してますか

お肌を白くきれいで維持したいという方であれば、必ず紫外線対策を行っていると思います。紫外線は1年中を通して外に出れば必ず浴びてしまうので、必ず対策をとっておかなければなりません。海やプールに出かけて、日焼けなどしていませんか。あろうことか、脇の黒ずみやシミを隠すために、逆に日焼けでごまかしてしまおうと考える方もいます。ですが日焼けをしてもシミや黒ずみは改善しません。

むしろ日焼けによってより黒ずみや色素沈着、シミが濃くなってしまうことさえあるのです。それどころか、また新たに黒ずみやシミが表れ、かえって悩みを大きくしかねません。間違っても日焼けでシミや黒ずみをごまかそうとは考えないようにしてください。

紫外線対策はこまめに

紫外線対策、または日焼け止め対策は、少し面倒ではありますが、こまめに塗りなおすようにして下さい。特に夏などの長時間の外出や、海やプールのアウトドアなどでは、水や汗によって日焼け止めクリームはすぐに流れてしまいます。

『そんなの面倒』と怠ってしまうと、将来の肌の悲劇の始まりになってしまうので、大げさとは思わずにきちんと塗ること忘れないようにして下さい。特に今シミや黒ずみなどが気になっている方は、悪化させないためにも、少し厚塗りするくらいが理想です。顔などは特に浴びやすいので、ほかの部分よりも多めに日焼け止めクリームを塗りましょう。

少しは浴びた方がいいの?

紫外線は強い骨を作るためにも、多少は浴びた方がいいといった専門家もいるようですが、どんなにしかり対策をとったところで、外出する際、ベランダに出た際、窓のそばに行った際には、必ず浴びてしまうものです。骨が弱くなるというのは、日に当たらなければビタミンDが活性化しないといったところにあるようですが、ビタミンDはほんの少し日の当たるだけで十分に活性化すると言われています。

どんなに紫外線対策をしたところで、多少の紫外線は避けられません。このほんおわずかの量でもきちんとビタミンDは活性化してくれるのです。何も過剰に浴びる必要はないのです。むしろ紫外線を大量に浴びたときのリスクの方が大きいと言えます。老化を早めるのはもちろん、皮膚がんなどが発症する恐れもあるほどです。そういったリスクを考えると、やはり紫外線対策は、決して怠ってはいけません。自分の肌は自分でしか守れません。1年を通してしっかり対策をしてください。