自己処理は怖い

自己処理が肌に負担をかける

思春期になりムダ毛が生え始め、カミソリや毛抜きなどで自己処理を経験された方も多いことでしょう。
毛抜きやカミソリなどは安く手に入り、簡単にムダ毛のお手入れができてとても便利です。

ですがこういった自己処理が脇の下の黒ずみを作ってしまっているという事実があります。
カミソリなどは毛と一緒に皮膚まで削ってしまい、毛抜きは埋れ毛や毛穴のぶつぶつの原因になります。
どちらも黒ずみの大きな原因となり、何度も繰り返しおこなうと、脇のしたがうっすら茶色のような色素沈着をおこします。
こういった肌トラブルを作らないためいも、自己処理はしないよう病院やエステなどで脱毛を行うことが望ましいでしょう。

毛抜きが特に危ない?!

何といっても脇の黒ずみやぶつぶつの大きな原因になっているのは毛抜きにあります。
毛抜きはお肌をもっとも傷つけ、トラブルを招きます。
黒ずみやぶつぶつが軽度の場合は、比較的治りも早いですが、これをムシして毛抜きの使用を続けると、細菌感染などをおこし毛嚢炎などの原因になり、ひどい場合はケロイドなどを招いてしますこともあります。
せっかくきれいになるつもりが皮膚に大きなトラブルを抱えてしまい、あとあと人生を左右しかねない状態になってしまっては意味がありません。

実際に毛嚢炎やケロイド状態をおこしている場合などは豆乳ローションなどでは効果がないので、すぐに皮膚科や形成外科などで治療うけましょう。

そしてそいった状態をおこす前に毛抜きの使用はやめ、自己処理をする場合はカミソリを使用するようにして下さい。
カミソリを使用する際には、きちんとお肌を清潔にしたうえで、脱毛時用のクリームなどを塗り、お肌を保護しながらカミソリを使用するようにしましょう。
お肌を保護しながら行うことで皮膚への刺激を減らし、黒ずみを防ぐことができます。
処理後もう一度お肌にローションなどを塗り、乾燥させないように注意しましょう。

とはいっても、カミソリが安全で良い脱毛方法だと推奨しているわけではありません。
カミソリは刃物ですから、どんなにしっかり保護クリームをつけたとしても、多少皮膚を削って傷つけてしまいます。 「カミソリだからいいや!」と毎日使用していては、どんどん皮膚が薄くなり、かぶれや炎症をおこしやすくなってしまいます。
毛抜きよりもほんの少しマシといった程度なので、やはりムダ毛を処理するのであれば、プロによるお手入れなどをおすすめします。
また、除毛剤などを使用している方もいますが、ムダ毛を溶かす作用のあるほどの物なので、決して肌に優しいとは言えません。特に敏感肌の方などは炎症や肌荒れを起こす可能性もあるので、使用する際は十分に注意し、何かトラブルが起こったときは必ず医師に相談しましょう。